「メディ・あさお」掲載記事

【あさおヒューマン】川崎市アートセンター館長・池田健児さん

開館10周年を迎えるアートセンターに館長の池田健児さんを訪ねました。川崎市役所財政局等の勤務の後、ミューザ川崎シンフォニーホールの事業部長、多摩区長等を経て、2年前に館長に就任された池田さん。学生時代から映画が好きだったと、巡った名画座の名前を懐かしそうに次々に挙げられていました。
学生時代の思い出といえば、山梨県出身者の学生寮で過ごした日々も。
「40人ぐらいの男子だけの寮で、学生の自治に任されていました。寮母さんの給料も学生が決めていたんですよ」
破天荒な学生もいたようですが、池田さんは「羽目は外さず」まじめな学生時代を過ごされたのでした。
山梨県の実家では、代々「コロ」という名前のオス犬を飼っていて、三男の池田さんは「散歩係」。学校から帰ると尻尾を振って迎えてくれたコロは池田さんの大切な「友達」だったのです。
上京後は、犬と離れて暮らしていましたが、娘さんの高校合格を機に、黒いオス犬「レオ」を迎えることに。
「アメリカンコッカーとダックスフンドのブレンドで、垂れ耳で足が短いのがかわいくてね。おとなしくていい子で自慢の息子。近所のアイドルでした」
朝の散歩は池田さんが、夕方は奥様が担当。散歩中にトイレをすませる習慣になっていたレオのため、家族で出かけても散歩の時間に合わせて帰宅。「映画も5時までに終わるのにしようとか、いったん帰ってから外食しようとか」レオの時間に合わせていた池田家。
そんな大切な家族の一員だったレオが11歳で亡くなったのは、ことしの1月のことでした。気づいたときには、転移したガンで多臓器不全状態。手遅れと言われてしまったのです。最後の2週間は、家族交代で添い寝をし、眠るように亡くなったレオを看取りました。
「骨壺は、夫婦どちらかと一緒に墓に入れることにしている」という池田さん。骨壺と遺影は、息子さんの部屋に置いてあるそうです。「息子は線香をあげたりしてるんですけど、私は悲しくなるから部屋には行きません」と、少し目を潤ませながら話してくれました。
11年間続けた散歩がなくなり、この夏は、のんびり家族で旅行を楽しみました。お城や神社仏閣を見るのが家族共通の楽しみなのだとか。30年飼っているカメは健在ですが、レオのような癒やしの存在にはなれないようです。
「犬は、尻尾を振って喜びを表してくれるんです。喜んでくれたのを見るのが喜びになる」という池田さん。アートセンターでも、お客さまが楽しい時間を過ごし、うれしそうに帰る姿を見るのが喜びにつながるのだとか。
開館10周年記念のミュージカル公演は「ねこはしる」(別記事参照)。こちらはネコが主役ですが「いのちのかがやき」を感じ、涙腺が緩むのは間違いなさそうです。


(2017年9月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください