川崎市麻生区の地域情報紙「メディ・あさお」です
地元の情報をきめ細やかにお伝えします

メディ・あさお209号(2019年4月25日発行)

【ゴールデンウィーク&5月イベント大特集】マルシェに行こう!〈Part1:ゴールデンウィーク〉

5月の麻生区周辺はマルシェがいっぱい。 どれに行こうか、みんな行こうか、目移りしてしまいそう!

【4/26〜5/6】ヨコハマフリューリングスフェスト2019
【横浜赤レンガ倉庫では、GW期間中、ドイツの春祭りを再現した「ヨコハマフリューリングスフェスト」を11日間にわたって開催します。
ビール祭と移動遊園地がセットになった本場ドイツの春祭りにならって、アトラクションや野外シアターなど子ども向けエリアを大幅に拡充。
また、ここでしか飲めない日本初上陸の限定ビールや家族で楽しめるピクニックメニューなども充実し、一日中楽しむことができます。授乳室あり、ベビーカーもOKなのがうれしい。 ▼時間=午前10時30分(26日午後3時)〜午後9時 ▼問い合わせ電話=045―227―2002

【5/3・4】アート市inアルテリッカ
5月3・4日には毎年恒例の「アート市inアルテリッカ2019」が開催されます。
新百合ケ丘駅南口のペデストリアンデッキにテントが軒を連ね、麻生区内外から集まったアーティスト自らが展示販売を行います。
陶磁器、ビーズ、皮細工、天然石、布小物など、2日間で出展する店舗はのべ約70。3日と4日で大部分の店舗が入れ替えになるので、お気に入りのお店を見つけたらその日のうちにチェックを!
▼時間=午前10時〜午後4時。荒天中止
▼問い合わせ電話=044―959―1020同実行委員会

【5/3〜5】ガーデンシティ多摩センターこどもまつり2019
5月3〜5日、多摩センター駅南側一帯では「ガーデンシティ多摩センターこどもまつり2019」が開催されます。 その名のとおり様々な子ども向けイベントが行われるほか、パルテノン大通りがテントやフードカーが軒を連ねて一大マルシェに変身。
ハローキティのグリーティングや地元中学校吹奏楽部のパレード、ご当地アイドルのライブショーなど、家族みんなで楽しむことができます。 ▼時間=午前10時〜午後6時。一部荒天中止 ▼問い合わせ電話=090─8946─9909同実行委員会

【5/5・6】フードフェスinアルテリッカ
5月5・6日には、川崎市アートセンター前スペースでフードフェスが行われます。
おととしの秋から開催されているフードフェスが、ことしもアルテリッカにあわせて開催。南口に比べてイベントも少ない新百合ケ丘駅の北口を食で盛り上げてくれます。
アジア料理、ワイン、洋菓子などキッチンカーやテントで各日13店舗が出店します。5日だけ、6日だけ出店の店舗もあるのでお見逃しなく。
▼時間=午前10時〜午後4時。荒天中止
▼問い合わせ電話=044─952─5024アルテリッカ実行委員会

【GW】生田緑地「園芸まつり」「ゴールデンウィークマルシェ」
生田緑地で4月26・27日午前10時〜午後4時に行われる園芸まつり。JAセレサ川崎との共催で、野菜の苗や春の草花、植木、園芸資材、川崎産の野菜などを販売します。
一方4月29日から5月6日午前10時〜午後3時まではゴールデンウィークマルシェ。民家園でもおなじみの和菓子やワイン、お菓子などのブースが出店します。
▼問い合わせ電話=044-933-2300

(2019年4月25日号掲載)

「メディ・あさお」とは

川崎市麻生区で月1回発行している地域情報紙です。
タブロイド版全8ページ、発行部数は約7万部。
麻生区内全域(岡上をのぞく)の各家庭に手配りでお届けています。

お問い合わせ先

地域情報のご提供、広告掲載・印刷物・折込のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。
【会社名】株式会社メディスタくらしの窓新聞社
【所在地】〒215-0026川崎市麻生区古沢191
※小田急線新百合ケ丘駅より徒歩10分。「麻生郵便局」の斜め向かい、朝日新聞販売店の2階です※
【電話番号】044-951-2001
【FAX番号】044-951-2212
【メールアドレス】mado@madonews.co.jp
【ホームページ】http://www.madonews.co.jp
【定休日】土日曜・祝日・年末年始

メディ・あさお最新号

メディ・あさお最新号
※表紙のみご覧いただけます

サイト内検索

お問い合わせ先

株式会社
メディスタくらしの窓新聞社

〒215-0026
川崎市麻生区古沢191
電話:044-951-2001
FAX:044-951-2212
mado@madonews.co.jp

↑ PAGE TOP