川崎市麻生区の地域情報紙「メディ・あさお」です
地元の情報をきめ細やかにお伝えします

メディ・あさお200号(2018年7月25日発行)

【特集】メディ・あさお創刊200号 麻生区はこんなに変わりました

1990年代に新百合ケ丘駅周辺の開発が進んだ麻生区。
2001年のメディ・あさお創刊以降も、様々な変化がありました。この18年間での麻生区の主な変化をまとめました。

【2001年】
万福寺の区画整理事業が開始2001年
メディ・あさお創刊2001年

【2002年】
麻生区区制20周年

【2003年】
あさお古風七草粥の会が始まる
柿生小学校の改築に伴い麻生図書館柿生分館が開館
メディ・あさお、最初のロゴ変更

【2004年】
小田急多摩線にはるひ野駅開業
小田急、快速急行運行開始
柿生高校と柿生西高校が統合し麻生総合高校が開校

【2007年】
昭和音楽大学が厚木から移転
川崎市アートセンターがオープン
麻生市民交流館やまゆりがオープン
kirara@アートしんゆり始まる

【2008年】
王禅寺中学校と白山中学校が統合し王禅寺中央中学校が開校
はるひ野小中学校が開校

【2009年】
王禅寺小学校と白山小学校が統合し王禅寺中央小学校が開校
アルテリッカしんゆり始まる
メディ・あさお、4ページから8ページに
メディ・あさお、第3日曜発行から25日発行に変更

【2010年】
尻手黒川線と世田道が接続
川崎フロンターレの選手寮「青玄寮」が完成
柿生中学校の建て替えに伴い、校内に柿生郷土史料館開館

【2011年】
日本映画大学が開学
放火で焼失(2007年)した琴平神社本殿が再建
東日本大震災でプロスポーツ選手らが募金活動

【2012年】
麻生区区制30周年
区の木(禅寺丸柿)、区の花(ヤマユリ)が決まる

【2014年】
禅寺丸柿キャラクター「かきまるくん」、着ぐるみに
しんゆりマルシェ始まる

【2015年】
メディ・あさお、2度目のロゴ変更

【2017年】
川崎フロンターレが初優勝

(2018年7月25日発行)

「メディ・あさお」とは

川崎市麻生区で月1回発行している地域情報紙です。
タブロイド版全8ページ、発行部数は約7万部。
麻生区内全域(岡上をのぞく)の各家庭に手配りでお届けています。

お問い合わせ先

地域情報のご提供、広告掲載・印刷物・折込のお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。
【会社名】株式会社メディスタくらしの窓新聞社
【所在地】〒215-0026川崎市麻生区古沢191
※小田急線新百合ケ丘駅より徒歩10分。「麻生郵便局」の斜め向かい、朝日新聞販売店の2階です※
【電話番号】044-951-2001
【FAX番号】044-951-2212
【メールアドレス】mado@madonews.co.jp
【ホームページ】http://www.madonews.co.jp
【定休日】土日曜・祝日・年末年始

メディ・あさお最新号

メディ・あさお最新号
※表紙のみご覧いただけます

サイト内検索

お問い合わせ先

株式会社
メディスタくらしの窓新聞社

〒215-0026
川崎市麻生区古沢191
電話:044-951-2001
FAX:044-951-2212
mado@madonews.co.jp

↑ PAGE TOP