「メディ・あさお」掲載記事

サッカー専用グラウンドが完成 桐光学園

ことし創立40周年を迎える桐光学園。周年記念事業の一環としてサッカー場の人工芝化工事や新グラウンドの造成、プールの移設新築工事などが行われており、4月2日にサッカー場の完成記念式典と記念試合が行われました。 サッカー場はこれまで総合グラウンドとして使用していた土のグラウンドを改造したもので、ゴムチップと人工芝を用いた国内でも最高水準のピッチ。小塚良雄理事長は「これまで公式試合などはよそのグラウンドを借りて行わなければならなかったが、これでここで試合ができるようになった。桐光から世界に羽ばたいた選手は今までにもいたが、ここからさらにそういう選手が出てほしい」と話していました。 記念試合は同高校サッカー部や同中学校サッカー部、OBチームなどが出場して3試合が行われ、OBチームは小川航基選手(現ジュビロ磐田)、タビナス・ジェファーソン選手(現川崎フロンターレ)らが出場して人工芝の感触を確かめていました。始球式に使われるボールにサインを書き込んだ中村俊輔選手(現ジュビロ磐田)は「僕が現役のころはこんなに施設が整っておらず、正直うらやましいくらい。それぞれの目標を目指すにはこの上ない環境なので、後輩たちには理事長先生はじめ先生方や今までのOBらに感謝の気持ちを持ちながら頑張ってほしい」と話していました。

(2018年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください