「メディ・あさお」掲載記事

区民が支えるアルテリッカ ボランティア ことしは190人

ことし10周年を迎えたアルテリッカしんゆり。ことしも約190人の「アートボランティア」が参加して運営を下支えしています。
アルテリッカでは「区民が支える芸術祭」を目指して、2009年の第1回目からボランティアを募集しています。1回目は8人だった参加者も、10年で20倍以上に成長。イベント会場の運営や街頭でのチケット販売、会場への順路案内などの広報活動、事務局の業務全般などの活動を行っています。
14日からは新百合丘オーパの前にインフォメーションセンターを設置し、ボランティアによる広報活動もいよいよ本番。ことしで5回目の参加となる王禅寺の加藤高敏さんは、定年退職後に地域の活動をしたいとボランティアを始めるようになったといい、「マニュアルができたりして、ボランティアの環境も整備されてきました。未経験でも気楽に、楽しく参加できるようになっていると思います」と話していました。

(2018年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください