「メディ・あさお」掲載記事

5月12日に看護の日イベント 新百合ケ丘総合病院

5月12日はフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、ジュネーブに本拠を置く「国際看護師協会」から「看護の日(国際ナースデー)」に制定されています。 新百合ケ丘総合病院では、12日に看護の日イベントを実施。午前10時〜午後1時、看護師による健康相談、手洗いチェッカー、骨密度・血管年齢・血圧の測定などを行います。
15日午後0時30分からは、バリアフリー楽器「ヘルマンハープ」のコンサートが行われるほか、午後2時から医学健康講座「アルツハイマー病と最近の検査と治療薬」が行われます。講師は同院神経内科部長の矢崎俊二さん。
問い合わせは電話044-322-9991。

(2018年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください