「メディ・あさお」掲載記事

「くらしの窓」に見る柿生 柿生郷土史料館

柿生中学校内にある柿生郷土史料館では現在、特別企画展「『くらしの窓』に見る柿生地区の今昔」の第3弾を開催しています(写真)。 1955年、赤本新聞舗(現:あかもと本舗)が創刊し、2011年の休刊まで56年間にわたって川崎市北部地域の情報を提供してきた地域情報紙「くらしの窓」。今回の企画ではその紙面から、昭和から平成への過渡期のころの柿生地区にまつわる記事約70本を紹介しています。今回の「あさおライブラリ」で紹介した黒川炭の記事も。 開催期間は6月23日まで。開館日は奇数月は日曜日偶数月は土曜日で、開館時間は午前10時〜午後3時。問い合わせは電話044-988-0004。

(2018年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください