「メディ・あさお」掲載記事

麻生区の名産 ことしも 万福寺人参品評会

12月23日、麻生市民館で「第18回万福寺人参品評会&試食会」が開催されました(里山フォーラムin麻生、万福寺人参友の会ほか主催)。
この品評会はかつて麻生区の名産だった万福寺ニンジンを継承していこうと行われているもの。ことしは天候不順が続いて栽培には悪条件でしたが、小学校4校、中学校1校、大学2校を含む32の個人と団体が出品し、川崎区から参加した大谷ゆかりさんが最優秀賞を獲得しました。また品評会後には試食会が行われて、麻生区食生活改善推進員連絡協議会(ヘルスメイト麻生)のメンバーらによる万福寺ニンジンを使用した料理が振舞われ、参加者は香りの強い万福寺ニンジンの味覚を楽しんでいました。

(2018年1月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください