「メディ・あさお」掲載記事

区民の提案募集します 市民提案型協働事業

麻生区では、地域課題の発見と解決に取り組む2018年度の「麻生区市民提案型協働事業」を募集します。 これは「まちを住み良くするアイデア」を区役所の委託事業として委託契約を結び、事業を行うもので、1事業あたり10万円〜50万円以内(初年度のみ70万円以内)の経費を区役所が負担します。また、おおむね3年、最長で5年の継続事業を行うことができますが、その際には年度ごとに事業提案を行い、選定される必要があります。2017年度には「伝承遊びで街おこし〜和凧つくりと凧揚げ大会」(あさお和凧の会)◇「第2期・超高齢団地の“支え合い" 立ち上げ事業」(白山1丁目・ちょっと支援隊)◇未来につなぐ資源循環(かわさきかえるプロジェクト)◇地域の茶の間・ゆりっぴい広場で多世代交流(ゆりっぴい広場)の4事業が委託契約を結んで事業を行っています。 募集期間は2月23日までで、プレゼンテーションなどの審査を経て5月上旬に委託契約を結び、2019年3月8日までに事業を行うものとします。相談は随時受付中。麻生区役所では「制度の内容を良く知ってもらうため、特に初めて応募する場合は必ず一度相談してほしい」と呼びかけています。 問い合わせは電話044-965-5112企画課。
(2018年1月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください