「メディ・あさお」掲載記事

28作品一挙に上映 しんゆり映画祭

10月29日〜11月5日、市民手作りの映画祭としてことしで23回目を迎えるKAWASAKIしんゆり映画祭が、川崎市アートセンターを主会場に始まります(NPO法人KAWASAKIアーツ主催、6面にヒューマン)。
往年の名作から最新作まで、国内外の全28作品を一挙に上映。日本映画大学卒業生の中野量太監督特集のほか、「マレビト 位異界からの来訪者」「鈴木清順監督追悼上映」などのテーマに沿った作品が上映されます。
毎年行われている中学生による「ジュニア映画制作ワークショップ」では、釜山国際子供・青少年映画祭で入賞した昨年制作の『学校は二度死ぬ』、ことし制作の『ハッピーエンドを君に』を上映(11月3日)。ほかに活弁映画、シネマ落語(ともに11月5日、新百合21ホール)、バリアフリーシアター(イヤホンガイド、保育付き上映など)といった企画もあります。
上映スケジュールなどの詳細はホームページで。問い合わせ、バリアフリーシアターの申し込みは電話044─953─7652KAWASAKIアーツ。
(2017年10月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください