「メディ・あさお」掲載記事

26年目で初の創作展 麻生区の「おやじ考」

8月18〜23日、男性の地域活動団体としては老舗である「おやじ考」が、麻生市民館で会員による創作展を開催しました。
同会はいわゆる「おやじの会」として1991年設立。創作展は設立26年目にして初めての試みで、33人の会員中22人が油絵、コラージュ、陶芸、写真などの作品を出品しました。「絵なんか描いたことがないという会員でも参加できるように」と写生会やコラージュ教室を開いたことで、多くの会員が作品を出品することができました。
創作展の代表を務めた矢澤耕一さんは「新しいことをやってみたいという好奇心のある会員たちが多いのでこういう初めての試みができた。拙い作品でも見てくれた人に喜んでもらえたようでうれしい」と話していました。


(2017年9月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください