「メディ・あさお」掲載記事

【特集】聞く・見る・学ぶ カルチャー特集
5.ジュニアも、シニアも 新百合ケ丘囲碁クラブ

右脳の発達を促すことから、子どもの知力の発達や教育上の効果も認められている囲碁。最近では小学校の授業などでも取り上げられるようになっています(8面に関連記事)。また「老いては子に従え」ならぬ「老いては碁にしたまえ」という言葉もあるくらい、シニアの趣味としてもうってつけ。また老若男女を問わず楽しめるのが魅力です。
新百合ケ丘駅から徒歩5分の新百合ケ丘囲碁クラブはいわゆる「碁会所」。平日も営業していますが、土曜日には初心者向けの囲碁教室も開催しています。原則小中学生対象ですが、きちんと座っていられれば幼稚園児も可。おとなでも初級の人なら入門可能です。「定年を迎えてから始める人、女性、親子で始める人も珍しくありません。一生の趣味になる、頭を使うのでボケ防止になる、仲間ができる、バランス感覚が養える、リーズナブルと言うことなしの趣味ですよ」と、席亭のひとり古澤功さん。

【新百合ケ丘囲碁クラブ】
電話:044-951-1520
場所:麻生区万福寺1-15-6 第1白鳳ビル3F
営業時間:平日午後1時〜8時・休日正午〜午後8時
席料:800円(1日)
囲碁教室:土曜日(月4回午前10時〜正午)
月会費:3000円
(2017年8月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください