「メディ・あさお」掲載記事

【安全・安心の街へ】はるひ野駅で合同訓練/県警警察官採用試験

4月25日、小田急多摩線のはるひ野駅で、麻生警察署、第一機動隊、麻生消防署、麻生区役所、小田急電鉄の合同によるテロ対策対応訓練が行われました。
2019年のラグビーW杯、2020年の東京オリンピックなどを控え、日本でもテロ事件の発生が危惧されています。今回の訓練は、劇場、映画館、駅など標的になりやすい「ソフトターゲット」と呼ばれる場所でテロ事件が起きた場合の初動対応能力の向上、関係機関の連携強化を目的として行われたもので、約50人が参加しました。
訓練は駅のホームで爆弾テロによってケガ人が発生し、なお爆発物と見られる不審物がある……という想定で行われました。小田急職員の連絡で駆けつけた麻生消防署がトリアージによって負傷者を搬出した後、特殊な防護服に身を包んだ第一機動隊の爆発物処理班が出動。X線照射で危険性を確認した後、爆発物処理筒の中で液化窒素によって爆弾を無力化する作業を行いました。
訓練が行われたのは、乗降客の少ない時間帯とはいえれっきとした小田急の営業時間内。ホームに入線した電車のドアが開くと、ぎょっとした顔で電車を降りる乗客、珍しそうにスマホで訓練の様子を撮影する乗客などの姿も見られました。

今月は話題をもう一つ。
神奈川県警では、2017年度の警察官採用試験(第2回)を行います。
試験種類は男女警察官と術科(剣道)、術科(柔道)。警察官は1987年4月2日以降の生まれで大卒または2018年3月までに大学卒業見込みの人を対象とする「A」と、それ以外で1987年4月2日〜2000年4月1日生まれの人を対象とする「B」に分かれます。術科もまた、警察官「A」に加え段位三段以上の「A」と警察官「B」に加え段位二段以上の「B」に分かれます。術科の場合、段位に代えて競技会における優秀な成績でも可。
申し込みは郵送またはインターネットで。加えて、術科は段位証明書などの写しを郵送する必要があります(ネット不可)。いずれも応募開始は7月24日からで、インターネットでの申し込みは8月9日午後5時まで、郵送での申し込みは8月15日消印有効。第1次試験は9月17日で、試験会場は相模原市中央区の青山学院大学相模原キャンパスです。
問い合わせは電話0120-03-4145。

(2017年5月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください