「メディ・あさお」掲載記事

抒情歌を絵に 公募展作品募集中

7月と11月に多摩市と長野県軽井沢町で開催される「2017年〜日本人の心の風景〜『日本の抒情歌を描く』全国公募展」(平山郁夫美術館、軽井沢千住博美術館、高野辰之記念 おぼろ月夜の館 斑山文庫ほか後援)を主催する同展事務局では、現在、出展作品を募集しています。 募集作品は日本の抒情歌を絵画で表現したF10号サイズ、厚さ5センチ以内の平面作品で、額装(4センチまで、ガラス不可)し裏側に展示用の金具とひもを取り付けた未発表のもの。日本画・水墨画・油絵・版画など種類は問いません。ひとり2点まで。出品料は1作品1万円(学生8000円)、2作品1万5000円(学生1万2000円)。
応募はホームページ(http://www.jojoka.jp)から応募用紙をダウンロードし、6月20日消印有効。
審査員は法政大学名誉教授の佃堅輔さんほか。入選作品は7月14〜19日にパルテノン多摩、11月2〜19日に軽井沢千住博美術館で展覧会を開催します。
詳細はホームページを参照。問い合わせは電話044-987-1484。

(2017年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください