「メディ・あさお」掲載記事

【安全・安心の街へ】ドローン協定を締結

麻生警察署は、区内上麻生のセキュリティ機器メーカー「三矢研究所」と災害時のドローン活用に関する協定を結び、4月13日同署で協定の締結式が行われました。
安全問題や盗撮の危険などを理由に飛行には制限の厳しいドローンですが、三矢研究所はドローンの操縦教室を全国展開するなど啓発活動にも力を入れています。麻生署では災害時に素早く状況確認を行える利点を評価。締結式を終えた三矢研究所の古澤利夫社長は「現時点では麻生署の要請でうちが飛ばすことになるが、いずれは訓練や講習をして署にも操縦できる人がいるような体制にしたい」と話していました。

(2017年4月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください