「メディ・あさお」掲載記事

まずは等々力初勝利! 川崎フロンターレ

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)とJリーグが開幕して約1カ月。サポーターから見た川崎フロンターレのシーズン立ち上がりは「悪くはないが良いかと聞かれるとまだまだ」、そんな感じではないでしょうか。
鬼木達監督の下、新しいカラーのチーム作りにはまだ時間がかかるのか、また複数の主力選手をケガで欠いていることもあってか、攻撃の迫力はまだちょっと物足りない感じがします。とはいえ、3月14日現在、無得点で終わった試合はなく、相手に大きく主導権を奪われるようなこともなく、「負けない試合」を続けているのは悪い話ではありません。ここに新加入選手がフィットし、ケガ人が復帰してきたら面白いことになりそうだという期待が高まります。
3月10日、ホーム等々力陸上競技場でのリーグ第2戦となった柏レイソル戦は中村憲剛選手の1ゴール1アシストの活躍で2対1で勝利。等々力での今季初勝利となり、平日ながらスタジアムに駆けつけた1万8608人のサポーターを喜ばせました。まずはここから、調子を上げていってほしいところです。

(2017年3月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください