「メディ・あさお」掲載記事

【特集】川崎・しんゆり芸術祭 アルテリッカしんゆり2017
2.劇団民藝「アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕」

劇団民藝のことしの公演は4月29日〜5月1日の3日間、川崎市アートセンターでの「アンネの日記」。1956年の初演以来1700回以上の公演回数を数える、民藝の看板ともいえる演目です。
ナチスの魔の手を逃れ、わずか13歳でかくれ家での生活を余儀なくされたアンネ・フランク。思春期の少女を取り巻く心と体の成長や、親への反発と愛情、そして何より平和を希求するこころ……。アンネと同世代の子どもたちに見てほしい作品です。
3日間とも午後2時開演。出演は千葉茂則、白石珠江、八木橋里紗、本廣真吾ほか。チケットは全席指定一般4000円、学生2000円。。未就学児入場不可。申し込みは電話044-955-3100チケットセンター(9時30分〜17時)、ホームページhttp://www.artericca-shinyuri.com/。

(2017年3月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください