「メディ・あさお」掲載記事

市長に柿ワインを贈呈 柿生禅寺丸柿保存会

柿生の名産、禅寺丸柿を使用した柿ワインの流通が区内の店舗などで始まっています。これに合わせて12月14日、柿生禅寺丸柿保存会とJAセレサ川崎のメンバーが川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長にワインを贈呈しました。
ことしは禅寺丸柿自体が不作だったため、ワインの生産本数も昨年からほぼ半減の約2600本ほどですが、すっきりした味わいのできばえ。同保存会の水野英雄会長からワインを受け取り「勤務中なんですけどねえ」と言いながら試飲した福田市長は、「和食に合いそう。私はこれ好きですね」と笑顔を見せていました。
柿ワインは現在、1本720ミリリットルで1420円(税込)で販売中。問い合わせは電話044-989-5311セレサモス。
(2016年12月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください