「メディ・あさお」掲載記事

戦中戦後の教科書を展示 柿生郷土史料館

柿生中学校内にある柿生郷土史料館では、現在、「戦中・戦後の教科書を見てみよう」を開催中です。
柿生中学校が来年創立70周年を迎えることに合わせて企画されたもので、琴平神社の前宮司であった志村文雄さんとその兄妹が使っていた教科書を中心に、地図帳や冬休みの宿題帳などの副教材も展示。またこの企画展示に合わせて新たに発見された、同中学校の生徒文集『うれ柿』の第1号なども展示されています。展示品はいずれも手に取って中を見ることができます。
展示は1月8・15・22日の午前10時〜午後3時。問い合わせは電話070─1503─6401。
(2016年12月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください