「メディ・あさお」掲載記事

【特集】地元で楽しむお正月
4.平成29年の縁起物 琴平神社の干支色紙

毎年おなじみ、琴平神社の宮司・志村幸男さんによる干支と年号を組み合わせたデザイン色紙。干支と数字、さらにおめでたい要素を盛り込んだデザインで人気の縁起物をいち早くご紹介します。
酉年である平成29年は、オナガドリの姿をデザイン。「2」で体を、「9」で長い尾を表しています。「9をどうデザインするかが大変でしたが、尾にしようと思いついたことで、うまくバランスがよくなりました」と志村さん。筆や墨、紙の種類にもこだわり、デザインが決まってからも50回も描き直しをしたのだとか。「でもおかげで、一番バランスのよい姿に描けた、筆の運びも一番うまくいったものを選ぶことができましたよ」と、画家でもある志村さんがこだわり抜いた満足のいく出来に仕上がっています。
ことしも色紙は掛け軸として飾ることができるようになっています。「ニワトリは人間に身近な生き物ですが、神の使いの動物でもあります。そのご利益をちょうだいして、羽ばたく1年になるようにとの願いを込めて描きました。みなさんに飾っていただけるとうれしいです」(志村さん)。
(2016年12月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください