「メディ・あさお」掲載記事

アートと食でしんゆりの魅力を満喫! しんゆりマルシェ

10月22日、新百合ケ丘ハウジングギャラリー、新百合ケ丘駅南口広場などでアートと食の祭典「しんゆりマルシェ2016」が開催されました(同実行委員会主催)。
しんゆりの魅力を発信するこの催しもことしで3回目で、麻生区内外から飲食を扱う店やアート・クラフトに携わる人たちなど百数十団体が出店。来場者は地元飲食店の味を堪能したり、手芸品を物色したり、各種体験やステージを楽しんだりしていました。出店者からは「お店を知ってもらう絶好の機会です」との声が聞かれました。
麻生区内外の大学生が中心となって運営を行うのもこの催しの特徴で、ことしは聖マリアンナ医科大学、玉川大学、多摩美術大学が新たに加わり、ワークショップを展開するなど全12大学が会場を盛り上げました。さらにインフォメーションの運営を地元の大学として和光大学が担当。初回から運営に関わる東京都市大学の平本一雄名誉教授は、「今後さらに質を高め、しんゆりにしかない祭典にしていきたい」と話していました。

(2016年11月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください