「メディ・あさお」掲載記事

【特集】大学の秋!
1.花と緑でシニアの仲間作り 東京農業大学グリーンアカデミー

定年後に農業や園芸を始めたいがどうすればいいか分からない……。そんなシニア世代の案内役になっているのが、東京農業大学グリーンアカデミー。農業のノウハウを学びながら、仲間作りや健康増進にも効果があると好評です。
講座は1年間かけて栽培実習と基礎を学ぶ「グリーンアカデミー本科」と、本科修了後、草花・野菜・果樹・造園・みどりの地域づくりの5コースに分かれ、さらに詳しく学ぶ「グリーンアカデミー専科」で、同大教授などをはじめとした教員や花・野菜の専門家が講師をつとめます。大学教員の講義といっても堅苦しくはなく、初心者にも分かりやすく、体系的に幅広く学べると人気です。
10月14日午後の本科では、講師の柳川武夫さんの指導で、秋冬野菜の栽培管理を行いました。最初にそれぞれの野菜の害虫や病気対策について説明を受けた後、畑で実際に間引きや虫取り、追肥や土寄せなどの作業に取り組みました。
来年度の「本科」受講申し込みは2017年2月18日から。数日で定員に達してしまうことも多いので、申し込みはお早めに。またシニアの健康維持に欠かせない知識を学ぶことのできる「生活健康科」の受講生も募集します。問い合わせは電話03-5477-2561。
※10月29・30日午前10時〜午後3時「第10回東京農業大学グリーンアカデミー収穫祭」。受講生が栽培した花苗・野菜苗などのプレゼントをはじめ、楽しいイベントが満載です。
(2016年10月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください