「メディ・あさお」掲載記事

地元企業と税金の大切さを知る 川崎西法人会青年部会

7月26日、川崎西法人会青年部会主催の「多摩区・麻生区会社見学・租税教室」バスツアーに栗木台小学校の4〜6年生21人が参加しました。

この催しは子どもたちを対象に、身近で活躍している会社に気づき、働くことへの興味や将来の目標や夢を持ってもらうこと、税の仕組みや税が社会に果たす役割について正しい認識を持ってもらうことを目的としたものです。

会社見学では青年部会長でホープフル社長・新田渉世さんが運営する多摩区登戸の川崎新田ボクシングジム、多摩区枡形でCM映像の特殊効果の製作を行うhy─phen、区内上麻生で電子機器、防犯機器の研究・開発を行う三矢研究所、岡上で納豆の製造・販売を行うカジノヤの4社を訪問。また琴平神社を会場にした租税教室では、身近な消費税や学校などを題材にした講義が行われました。

子どもたちは「近くに素敵な会社があり、私たちのために働いているので、素敵なおとなだなと思いました」と感想を話していました。

(2016年8月25日号掲載)



お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください