「メディ・あさお」掲載記事

恒例の子どもイベントが大変身! 麻生市民交流館やまゆり
5月29日、麻生市民交流館やまゆりで子どもが主役のイベント「ビバ!かがやくこどもたち」が開催されました。

子どもたちが日頃の活動成果を発表する場を提供しようと、毎年この時期に開催されている恒例のイベントですが、9回目となる今回は様相が一変。区内在住の長井江里菜さんが団長を務めるサーカス団「山猫団」のプロデュースによって、同館の外観から演出、司会進行までにぎやかに生まれ変わりました。

子どもたちによる空手や合唱、琴の演奏などの発表が行われたほか、お昼には同館を飛び出し、新ゆりアートパークスまでチンドン屋を先頭にパレードを開始。同公園では野外イベントを開催中で、ここでもパレードの到着に大いに盛り上がりを見せました。同館を運営するあさお市民活動サポートセンターのスタッフたちは「子どもたちが楽しそうでいいね」「すごいね、我々だけではこんな演出は思いつかなかったよ」と目を見張っていました。

そのほかにもおもちゃ病院やミニ電車の運行、ガラクタ市などが行われ、禅寺丸柿のキャラクターかきまるくんが登場するなど、盛りだくさんの内容が訪れた子どもたちや保護者を楽しませていました。

(2016年6月25日号掲載)

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせなどございましたら、こちらからお送りください