「メディ・あさお」掲載記事

麻生市民交流館やまゆり通信

現在、川崎市の政策によって行われている「地域の寺子屋事業」。地域ぐるみで子どもたちの学習をサポートしていこうというもので、川崎市全体ではすでに21校、うち麻生区内では西生田小学校で行われています。やまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターは、ことし10月から栗木台小学校で行われる同事業を受託して行うことになり、現在「寺子屋先生」を募集中です。

募集するのは毎週水曜日に1時間程度、子どもたちの学習をサポートする「学習支援の寺子屋先生」。「教科を教えるというようなものではなく、勉強をしているそばについていてあげる、寄り添っていてあげる」というのがメインとなります。

すでに行われている他校での事業では100人、200人と子どもが集まることもあり、「人は多いほどよい」と同センター。特に必要な資格や条件はありませんが、教育委員会による事前説明会の受講が必要です。

問い合わせは電話044-951-6321「やまゆり寺子屋事業」係。

(2016年5月25日号掲載)




問い合わせ

「メディ・あさお」についてのご意見・ご感想などをお寄せください

電話 044-951-2001

FAX 044-951-2212

E-mail mado@madonews.co.jp