「メディ・あさお」掲載記事

OB戦にサポーター感涙 川崎フロンターレ

クラブ創設20周年を迎え、リーグ戦も好調のフロンターレ。5月14日には等々力陸上競技場で20周年記念事業の一環となるOB戦が行われました。

ブラジルからアウグスト、ジュニーニョ、ジェシ元選手が来日したほか、現在はテレビのコメンテーターとして活躍する中西哲生さん、クラブスタッフとなっている伊藤宏樹さんなど31人のOBと松本育夫元監督、福家三男元ゼネラルマネージャーが参加。ストライカーとしてフロンターレの躍進を支えたジュニーニョ元選手や川崎市出身の箕輪義信さんがゴールを決め、サポーターも懐かしい応援歌を熱唱するなどして大いに盛り上がりを見せました。

大久保嘉人選手の2ゴールを含む3対1で快勝したリーグ戦を挟んで、OB選手たちとふれあえる「後夜祭」も開催。多くのサポーターがスタジアムに残り、懐かしの選手たちとの交流を楽しんでいました。特にブラジルから来日した3人は大人気。かつてのユニホームや一緒に撮った写真などにサインをしてもらうなどして再会を喜びあっていました。

(2016年5月25日号掲載)




問い合わせ

「メディ・あさお」についてのご意見・ご感想などをお寄せください

電話 044-951-2001

FAX 044-951-2212

E-mail mado@madonews.co.jp